植毛手術で自分に自信を取り戻す|男の発毛大作戦

発毛効果抜群

髪の毛

ザガーロは男性型脱毛症に効果があるとされている治療薬になります。東京のAGA治療専門クリニックでもザガーロは取り扱われており、薄毛治療を受けている多くの人たちに利用されているのです。東京でも多く利用されているザガーロの主成分はデュタステリドになります。実はこのデュタステリドはアボルブと呼ばれている前立腺肥大の治療薬にも使用されています。そして東京のAGA治療専門クリニックではザガーロの他にも、プロペシアという治療薬が使用されています。これはザガーロと同様に、男性型脱毛症の改善に効果があるとされています。このプロペシアの主成分はフィナステリドと呼ばれています。現在までAGA治療を続けてきた人の中には、ザガーロとプロペシアのどちらが効くのか疑問に思っている人も少なくありません。そのため、今後AGA治療を受けるのであれば、両方の効果をしっかりと確認しておきましょう。

まず結論から言えば、ザガーロはプロペシアよりも、1.6倍の発毛効果があるとされています。これはアメリカの皮膚科学会が発行する雑誌に掲載されたもので、917人を対象に臨床試験を行なったところ、ザガーロの方がプロペシアよりも、発毛効果が優れていることが分かったのです。またザガーロは発毛だけでなく、髪の太さにも影響することが分かっており、実験のデータでは1.45倍も太くなったと発表されています。ですがここで注意すべきなのが副作用のリスクです。プロペシアの副作用としてはEDや女性化乳房などがありますが、ザガーロにも同様の副作用があります。そのため東京でザガーロを使用する際には、かかり付けの専門医に、使用方法などをしっかりと確認しておきましょう。